オリジナルのデザインでホームページ作成を行う

自分自身が考えたオリジナルのデザインでホームページ作成を行うというケースもあるでしょう。デザインは自由であるかの様に見えて、実際にはユーザーの事を考えないといけない部分も多くあります。

まず、ホームページ制作ではユーザーが分かりやすいと感じる様に設計する必要があります。

ただ、おしゃれなものを作りあげるだけではいけません。何のホームページかという事がすぐに分かる様なデザインにしたいですね。

漠然ときれいからこの様なデザインにした、というのでは通用しない事もあります。コンテンツの内容とリンクしたデザインを考える様にしましょう。

なぜ、その様なデザインにしたのか説明できる様にしておきたいですね。

seoにもトレンドはある

seo、つまり検索エンジン最適化の対策にも世の中の動向によってトレンドがあります。 主流の検索エンジンは、もうすでに検索語句から検索意図を理解できるレベルにまで到達しようとしています。 ホームページ制作においても、この動向を把握しておいた方が、圧倒的に有利になります。

ユーザーの意向を汲みとり、それに合わせたseo対策をしていくことが重要です。 それぞれの人が考える言葉やキーワードの差は、検索エンジンが埋めていく流れになるでしょう。 ホームページ作成をした際には、それらの事をふまえたseo対策が必要となってきます。

ホームページ作成には適切なアイキャッチを使うことが大切

自社広告やアフィリエイトなどホームページ作成が必要になったとき、顧客数を増やすカギを握るのがアイキャッチです。これはブログ記事などのトップ部分に表示される、人目を引く写真や画像を指します。これを使うことによって記事の内容を視覚的に訴え、閲覧者の興味を引くことができます。

アイキャッチに最も効果的な写真は人物像です。人は顔の表情に興味を持つ習性があるので、記事の内容によって性別、年齢、日本人か外国人かを変えて載せると、関心度を高めることができます。ホームページ作成前に、多様な写真・画像を集めておくと良いでしょう。

背景色を意識したホームページ作成

普段、何気なく目にしている企業や個人のサイト。それぞれに何らかの目的があって作られているのは当然ですが、プロがホームページ作成を手掛けている場合は、背景色にまで明確な意図が込められていることがほとんどです。

例えば高価なブランドを扱うようなショップは黒、幅広く色々なジャンルの品物を扱うようなサイトには白が使われているケースが多いですね。また、個人の主義主張を訴えるようなブログサイトなどでは青や水色の背景、また、恋愛相談や占いのサイトなどではピンクの背景を目にすることも多いでしょう。

ホームページ作成においては、カラーリングがもたらす心理効果を無視することはできません。色と視覚効果の相互関係をよく研究しながら背景色を考えると、デザインの楽しみがより深まります。

関連記事: