SEOの未来

SEOに未来はあるのか?
多くのホームページ制作業者は”ない”という。

その根拠はSEO自信がきっと検索エンジンには耐え難いもので、排除するしかないだろう?ということみたいである。

本当にそうなのだろうか?私的な考えてでは、SEOするなら超SEOと検索エンジンは共存共栄をはかるのでないか?と思う。

検索エンジンに未来があるのであれば、SEOにも未来があるのではないか??

SEO対策で一番悩むのは検索ワード

SEO対策で一番悩むのは検索ワードです。

どのような言葉で対策をするのかということですが、これに関しては決して一つだけに絞る必要はありません。 大体どこでも複数の検索ワードで対策をしています。

何故沢山のワードで対策をする必要があるのかというと、例えば引越し業者がSEO対策をする場合は引越しという言葉と引越という言葉で対策をしなければいけないからです。

どちらも同じですが、お客様が検索をするときにはこのどちらでも検索をする可能性があります。 もしも引越という言葉でしか対策をしていなければ、引越しという言葉で検索した人からは自分のサイトを見てもらえなくなる可能性もあるのです。

またそのほかにも検索間違いなどもありますが、その間違いでも対策をしたほうがいいのです。これも検索順位を上げてより多くの人に見てもらうためのアイディアなのです。

また、他にも一つだけの単語で対策をするのではなく、複数を並べて対策をするのも方法です。こちらの場合はかなり高い割合で自分のところのサービスに興味のある人にアピールをすることができます。

もしも対策をするキーワードを決められないのでしたら、とりあえずはSEO対策をしてくれる業者にキーワードを考えてもらうのも方法です。

seo対策で決め手にもなるレスポンシブデザイン

よりseo対策での効率性を上げるためには、PCやタブレット、スマートフォンなどといった端末の種類ごとに適合したウェブデザインにすることが重要なポイントで、各端末ごとにレスポンシブデザインを考慮した設計がカギを握ります。そのレスポンシブデザインをより最適化を実現する上ではAIを活用することも適しており、その画面の大きさに合わせて適切なデザイン表示を構成してくれる機能は便利です。

効果的なseo対策は見た目も最重要視され、例えばPC専用のサイトでスマートフォンで表示させることは、それを閲覧された方にとっても不便さを感じて、アクセス頻度の減少にも繋がります。AIにより最適化を図ることができれば、驚異的にseo効果を高めることもできます。

最近のseo対策の特徴

GoogleやYahooなどで検索をした時にパッと目につくサイト、つまり検索して最上位に表示されるページというのはものすごい数のアクセス数があります。 少しでも検索順位を上げることを目的としたサイトやページ作りをすることをseo対策と言って、AIによってそのサイトやページの価値が評価されています。

以前は適当に検索ワードを並べ立てた内容の薄いページでも検索上位に入る事が可能でしたが、最近のseoのAIの特徴としてそういったページは排除されるようになってきています。 より詳細で長い、中身のともなった価値のある文章を書くことがseo対策として求められています。

ランキングシグナルにおけるseo対策

現在GoogleはRankBrainというAIベースのアルゴリズムをseoとして導入しています。 RankBrainはAIがベースとなっているので学習をしながら自ら変化をしていきます。 現在ワールドワイドで導入されており、言語やクエリを解釈する能力に優れているので曖昧な言葉や口語も的確に理解します。

RankBrainは3番目に重要なランキングシグナルとされており、Googleにおける15%のクエリが処理されているそうです。 seo対策で1番目に重要なのはリンクで2番目はコンテンツですので、それに次ぐ重要性があるという事です。 それではリンクもコンテンツも十分という場合は、どうすればいいのかというと、ロングテール検索がおススメです。

対策として、ロングテール検索でのseo集客をしたい場合は、複合語検索や関連語検索などに対応できるよう、メインキーワードとサブキーワードをうまく入れ込んだコンテンツを用意するのが有効となるでしょう。

関連記事: