SEOとは

SEOは現在のWEBによるマーケティングでは必須となってきている技術の一つです。Search Engine Optimization の略で、検索エンジン最適化と言われております。

SEOをサイトに加えることで、いくつもあるサイトの中から、より人の目につく機会が増えることになるのです。それは様々なメリットにもつながってきます。
いい商品があっても人に知られなくては意味がありません。

そんな悩みを解決してくれるのがSEOなのです。

コンテンツの追加をSEO対策として続ける

サイト更新と言っても、一度や二度行うだけでは思う様な結果が得られない事もあるかと思います。できるだけ同じ様な頻度で続けて行く事がSEO対策にもいいそうです。

SEO対策としてコンテンツの追加を行っている人もいるみたいです。いいコンテンツが思い浮かばない時などには、SEO対策をするのが億劫に感じられる事もあるかもしれません。そんな時は、seoで想定しているキーワードの関連ワード群をお題にしてコンテンツを作成することをお勧めします。

サイトの運営を続けている限りは、ずっと半永久的に続けていく必要があります。自分は三日坊主だと思う人は、かなり努力が必要かもしれません。

更新するのが毎日の日課になれば、それほど苦痛ではなくなるかもしれません。それまで大変かもしれませんが続けていきたいですね。

seo対策本部seoの情報。

インターネットで飲食店を探す時はどのように探しますか?

ぐるなびや食べログ、ホットペッパーなどの飲食店検索サイトが有名ですのでそこで探される方が多いかもしれません。飲食店を探す時は、YahooやGoogleでの検索重要が少ないのでSEOは利益がでにくい傾向があります。

しかし、例えば「表参道 ハンバーグ」みたいに主要キーワードで検索結果の上位に表示されていると、広告費が無料で宣伝が出来るので、SEOをしてみる価値はあると思います。

ただ、表示結果が安定しないということは理解しておく必要があります。

SEOはgoogleのアルゴリズムが日々変化する中、そうした動きに常に対応し続けなければなりません。

seoをしなくてもいい方法として、キーワードで上位に表示されているぐるなびや食べログ、ホットペッパーグルメに掲載する方法があります。こちらは当然、各サイトに掲載料、利用料を支払う必要があります。サイト内で広告を出すこともできますので、ライバル他店が表示されるものには広告を出すのもいいかもしれません。

seoのテクノロジーの変化について

seoは検索エンジンに合わせて進化してきていますが、特に進化が求められているのがAIへの対応です。検索エンジン側でAIを導入したことで従来のキーワードなどを重視するseoテクニックが使えなくなっています。

効果がないわけではありませんが、キーワードよりもコンテンツを重視してチェックされるため、より人間に合わせたコンテンツが求められてきています。seoのテクノロジーは人間に合わせてきていないこともあって、検索エンジンへの対応が遅れているサイトも少なくありません。そのため新しいテクニックの開発が急務となっています。

では、どのようにしてアルゴリズムに対応するのか?というと、アルゴリズムが変わるとキーワードの上位表示のサイトが変わってきます。その場合、大きく順位を上げたものが今のアルゴリズムに適応したサイトと考えます。そのようなサイトをいろいろなキーワードでピックアップする必要があります。

まず、10サイト程度をピックアップすることが望ましいのですが、このサイトから共通点を探すのです。共通点を探すといってもどんな項目をチェックしていいかわかりませんよね。それは以下のようなものです。

  • ドメインの古さ
  • ページ数
  • 各ページのコンテンツ量
  • キーワードに関連するコンテンツ量
  • 被リンクサイトのドメイン数
  • 被リンクサイトからのリンク数
  • 被リンクサイトの被リンク数
  • 被リンクサイトの被リンクのドメイン数
  • 被リンクサイトのコンテンツ量

時間があれば、上がったサイトだけでなく、大きく順位を下げたサイトに対しても同じような調査をすることをお勧めします。

早く結果を知りたいseo対策

現在もseo対策に取り組んでいる人であれば、seo対策を行ってもすぐに結果が出ないと把握している人も多い様です。seo対策をすれば、時間がかからずすぐに結果に反映されると、対策がしやすくいいのですが、実際にはかなり時間を要する事もある様です。多くの場合は3~6か月かかることが多くあります。キーワードがビッグキーワードであればそれ以上かかることも普通です。

比較的seo対策の経験が浅い場合には、結果を出す事に焦りを感じる人もいるかと思われます。しかしseo対策は先が長いと思われますので、落ち着いて取り組む事ができるといいでしょう。また対策を行っている会社は、短期で結果を出す事ができた実績などをwebサイト内で紹介している事もある様です。また、結果によっては次の対策を考えないといけない事もあるかと思われます。

早く結果を出そうとすれば逆にマイナスになることも多く、一瞬順位が上がってその後、急降下することは普通にあります。最悪の場合はペナルティーとなることがあります。だからこそ、seoをする場合は長期的に行う必要があるのです。

「昔はもっと早く反応した」という意見は無視して、地道にseoの施策を遂行することが大切です。もし、それができないのであれば信頼できるseo業者に依頼するのがいいかもしれません。

最近のseo

現在、googleのアルゴリズムはRankBrainというAIがコンテンツと被リンクを評価して順位を決定しております。そのため、アルゴリズムが日々更新されており、どんどん進化していると考えていいでしょう。そのため、seoの傾向を間違えるとどんどん順位が下がってしまうことになります。だからこそ、どのような傾向にあるのかを理解する必要があります。

2016/9の傾向では被リンクサイトのドメインの古さとコンテンツなどを重視しております。ドメインの古さはなかなか難しい問題でこれを重視するとseoをするのが難しくなります。また、コンテンツを重視するとコンテンツに費用がかかり、採算が合わなくなります。そうすることでseoしなくなると考えているのです。

今後もこの傾向は続くと考えられます。コンテンツの評価に関してはAIにより、高い精度で評価を下すことが可能になってくると考えられます。

どうしてこのようにいうのかと言いますと運営サイトのすべてのデータをgoogleは持っていると思っていいと思います。つまり、すべての施策はおみとおしなのです。googleのアルゴリズムの穴を突こうとしても一瞬のうちのその穴はなくなり、有効でなくなります。そんな穴を探すこと、穴をつくための施策をすることは有効とは思えません。

どうせ、seoをするのであれば有効である期間が長い施策、上位表示されている期間が長い手法を選ぶべきであるので、調査、研究の中からより安定的に評価される手法を真面目に続けることをお勧めします。

seo対策でしてはいけないこと

ひとことでいうと自作自演、過剰な演出のseoです。例を挙げるとアンカーテキストのキーワードのみによるリンクです。これがある一定以上多くなるとフィルターにより排除されます。seoの本などを読んでいろいろ勉強するのはいいのですが、サテライトサイトを作ることなどは中途半端に行うとペナルティーやフィルターにかかるだけでメリットはありません。

このように申し上げるのは意外と一生懸命になりすぎて過剰なseoになる場合が多いからです。

まずは、内部対策としてコンテンツを充実させることを考え、必要以上にseoをしないようすることが大切です。被リンクはコンテンツのサイト、関連性がないものからのリンクは極力さけることが失敗しない秘訣かもしれません。

大きく順位を下げてペナルティーの不安がよぎれば、ウエブマスターツールでメッセージと、【検索トラフィック】-【手動による対策】を確認しましょう。問題があればここに記載されています。もし問題がなければペナルティーではなく、過剰なseoに対するフィルターにかかったと考えていいと思います。その場合はより自然になるようにする必要があります。

seo対策には良質なコンテンツを

seo対策のために大切なのはコンテンツの質と言われています。つまり、良質なコンテンツを提供していると、そのサイトの検索結果の順位は上がるとされています。では、seoにとって大切な「良質」とはどういったことを指すのでしょうか。

それはサイトを訪れてくる人のニーズに応えることができているということだと考えて間違いありません。そのサイトに来る人はどういう人か、どういう目的でどういう検索語で来るのかということをよく考慮した上で、そのような人が求めるに違いない情報をわかりやすく確実に提供するということこそが有効なseo対策となるのです。

文章の理解は人の場合、理解度が異なることを知りつつ説明します。相手がgoogleであっても同じです。まだまだ人間より文章理解は劣っている点があります。そう考えて文章を作成することが必要なのです。これは説明しなくてもは通用しないのでどうしても冗長な文章になり、丁寧な言い回しになると思います。

そして補足として関連項目もつけておくといいでしょう。別のコンテンツとして追加するのいいかもしれません。

googleで重要なseoとは

IT業界に関わらない方でも、専門用語などに向き合う機会も多いものです。googleなどの検索エンジンで、上位に表示されることをseoといいます。対策を立てるためにも、ウェブサイトごとに手順を利用して作業されています。

また、ホームページを作成する方へ向けて、大阪などの各地では、セミナーや無料での説明会などが開講されています。関連する知識や技術に関して広められているだけでなく、対策業務を代行してくれる業者なども多く存在しています。各企業などにとって、ウェブサイトは重要な広告塔の一つであり、マーケティングにも大きく影響します。

googleにおけるseoの対策例

seoとはgoogleやYahooといった検索エンジンにおいて、上位に表示されることをいいます。対策を立てるために、どのような作業を進めるべきなのか、大阪を中心として、セミナーや無料での説明会などが行われており、関連する知識や技術が広く知られるようになりました。

また、対策業務を代行してくれる業者なども存在しており、さらにブログやウェブサイトを駆使することによって、より高い利益が生み出せます。様々な方法が分かりやすく、丁寧に解説されることによって、対策に関する作業を行ったことの無い方でも、スムーズに作業を進めることが可能です。

seoでgoogleを味方に

googleなどの検索エンジンにおいては、Webサイト内の全ての情報を正確に認識したり、情報の質を問うような判断基準は設けられていません。そのため、数多く存在していると言われている評価項目に基づいて、サイトの本質を見極める独自の計算手順が採用され、ランキング化されています。

総合得点を高め、より上位に表示するために行われる対策はseoと呼ばれており、様々な方法によって作業が進められます。大阪や東京など、全国ではインターネットの普及に伴う対策セミナーなどが行われています。専門知識を取り入れられる他、代行業務が扱われている専門機関も存在しています。

広告をyahooやgoogleで上位にするためのseo対策

seoは検索エンジンで調べた結果が上位に表示されるようにする方法で、yahooやgoogleはそれぞれが独自の計算方法を使って、検索結果の並び順を決めています。その方法が公開されていないので、計算方法や影響を与える要素を推測するのがseoで、順位を上げる為のしかけを作るものという意味があります。

たとえば広告を兼ねたホームページを大阪の会社が作ったとしても、サーチエンジンの上位にこなければ誰も見てくれません。少しでも上位に来るようキーワードを調整したりサイトの構成を整備したりする必要があるのです。