SEOを行った後は直帰率を減らそう

ネットをしている時に、検索して結果が表示される画面の中から、知りたい情報が載っていそうなホームページがあれば訪問するでしょう。

しかし、欲しい情報がすぐに載っていなくて、このまま別のページをクリックしても目的の情報が見つかりそうにない場合は直帰する事になります。

その後は別のホームページにユーザーが流れてしまいます。

SEOを行って検索結果の上位にする事は訪問してもらえる可能性を高くする事ができるでしょう。

しかし、SEOを行うだけで終わるのではなくて、その後にはホームページの質が問われる様になります。必要な情報が不足している事なく、また無駄な情報が多すぎないのがいいですね。

また、分かりやすく使い勝手が非常にいい場合は、高いコンバージョンレートまで見込む事ができるでしょう。

seoにおいて効果の指標になるもの

ホームページ制作について考えるとどうしても見た目を重視しがちです。 ところが、見た目が美しいだけではseoで効果を発揮しません。 ホームページ作成の際にはhtmlの書き方にも注意が必要です。

seoにおいて、効果の指標になるものがいくつかあります。 例えば、ロングテールキーワードに対して効果があったかどうかです。 ロングテールキーワードをテキストに織り込むようなページの作り方をするだけで、成果が変わる可能性があります。 また、流入ページ数が多いことも大事な要件なので、一つのサイトで多くのページを作成し、それぞれロングテールキーワードが入っていることも大切です。

seoとリスティング広告のどちらが成果がでるのか

webにおいて自身の会社ページに引っ張るために、seoとリスティング広告をうまく使いたいのは誰もが思うことです。どちらも費用が掛かるため効率よく成果を出すためには、それぞれの特性を知る必要があります。

seo対策をすることにより、その分野で上位に表示されますのでクリック回数も多くなってくると思います。リスティング広告は検索結果の横に表示されるため、クリック回数はやや少なくなってきますが、購入検討している人や、具体的に検討している人は広告もチェックをするため、購入比率は高くなってきます。どちらもメリットがあるので、うまく使っていただきたいです。

seoに関連する記事